食用色素の種類

アイシングクッキーやシュガークラフトの色付けに欠かせない「食用色素」。

食用色素には、粉末、液体、ペースト状、など形状もいろいろありますし、性質も違います。色味も素材の違いやメーカーによって特徴があり、シュガークラフトの先生によっては、その特徴を把握して思い通りのイメージの色を出せるそうですよ。

そんな大事な要素の「食用色素」についてご説明します。

とは言え、食品に使うものですから、安全のためしっかりとした使用知識が必要です。まずは「食用色素」についての定義から。

 

syokubeni1

 

「食用色素」とは、

世界各地で食品に使用される着色料。

食品を利用したものと「食品添加物」がある。 料理に彩りを与える効果がある。

日本では食品衛生法により、食品添加物として食品安全委員会(食品安全基本法制定前は厚生労働省)が、ある添加量において反復投与毒性試験、発がん性試験、変異原性試験より審査されそれらの毒性がないことを確認の上、厚生労働省が成分規格、使用基準を定め承認される。

製造は、食品添加物製造業の許可を取得した工場で行われる。

なお、食品から作られ、食品衛生法改正前に使用されていた既存添加物(いわゆる天然添加物)は審査が行われていなかったが、順次、食品安全委員会により食品健康影響評価が実施されており、例えば、アカネ色素については遺伝毒性、腎臓の発がん性が認められたため、2004年(平成16年)7月5日を既存添加物からはずし食品に使用できなくなった。

一部の団体は実験動物に大幅に過剰摂取や皮膚に塗布させることによって遺伝子を傷つけたり、ガンを引き起こすことがあるという報告があったとして、安全性を問題視している

ただし、食品に含まれる量であれば相当な量を摂取しなければ影響はないという意見もある

合成着色料は石油を原料としているため危険で、天然着色料は食品や植物が原料となるものが多いため安全というイメージがあるが、天然だから安全で合成だから危険と安易に判断するのは好ましくない。


 

では、実際に日本で販売されている食用色素を見てみましょう。

 

syokubeniまずは、一般的にいわゆる「食紅」です。152円

これはスーパーなどでも簡単に手に入りますね。

いわゆる「赤」としてよく売られているものは、「赤色102号」が多いようです。

「赤」はお赤飯などによく使用されます。赤の他に「緑」と「黄色」は置いてあることが多いのですが、「青」などのそれ意外の色は少し大きなお店でないと手に入りにくいようです。

粉末状ですので、アイシングやシュガーペーストに混ぜる時はアルコールや水で溶いてから使います。

 


 

ck CKフードカラー 28g 410円

ペースト状のシュガークラフト用色素です。

アメリカやイギリスなどの輸入品になり、色によっては製造国では食用扱いでも、日本では許可が取れていない場合もありますので、食用とするときには注意してください。

いろいろなメーカーがありますが、日本ではCKのほか、ウィルトン、Squires Kitchenなどの製品があります。

写真のような容器に入っており、アイシングやシュガーペーストに混ぜる時は、爪楊枝などを使って直接加えて混ぜます。

数年単位の賞味期限があります。

 


 

sikiso私の台所 2g 320円

粉末の「天然食用色素」です。

合成の食紅に比べて価格は高いようです。

合成食紅に比べて、色の発色は少し悪いといいますか地味なようですが、そんな色味が好きな人には人気があります。

色付けは水に溶かしてから行います。色によっては若干水に溶けにくいようです。

賞味期限があります。

 

gabamギャバン 天然食用色素 10ml 432円

液体の天然食用色素です。

アイシングやシュガーペーストに直接振り入れて着色できます。粉末の天然色素同様、色は合成に比べて地味めなようです。

賞味期限があります。

 

 


 

012-370 ダストカラー  2g 810円

主にシュガーペーストの作品に使われるダストカラーです。

出来上がったペーストのお花などに筆で色付けをする時に使用します。シュガークラフトらしいニュアンスのある仕上がりになります。

こちらは輸入品ですので、食用とそうでない場合がありますので、食用に使用の場合はしっかりと確認してください。

アイシングやペーストに練り込んでの着色にも使えますが、発色力が弱いのでコスト的にはあまりオススメはできません。外側に着色する用途にオススメします。

ちなみに、シュガーペーストを使った作品は中身がダミーなどの「食用でない」作品の場合は、ダストカラーも「食品でない」カテゴリーの色を使用することがあります。こちらは、食用でなければ問題ありません。

賞味期限があります。

 


 

012-350 食用ペン  800円くらい

少し変わったところで「食用色素のペン」です。

アイシングクッキーやシュガーペーストのケーキやプレートなどに、イラストやメッセージを普通のサインペンの感覚で描くことができます。

以前、有名百貨店のデパ地下のアイシングクッキー売り場をのぞいたら、プレーンなアイシングクッキーと一緒にこの食用ペンを販売していました。購入した本人が自分でメッセージを書いて贈る、、という素敵なアイデアですね。

賞味期限があります。

 


 

chocチョコレート用色素  540円

こちらはちょっと違いますが、チョコレート専用の色素です。

スイーツデコレーションが流行ってきていますので、最近ではこういった特殊な色素も一般に手に入るようになってきました。

チョコレートに色を付ける場合、いままでご紹介した色素では分離してしまって着色ができません。油性と水性の違い、、のようなものです。このように専用の色素があります。

 

 ******

このページの内容は、食品衛生法などに基づいていますが、使用される場合は、法律及び資料との照合を必ず行ってください。万一、この情報に基いていかなる損害を被っても、こちらでは一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
 

 

【アイシングクッキー初心者さん用人気記事】
・アイシングクッキー初心者さんにオススメ!アイシングクッキーを作るための3つの便利グッズ
・初心者さんが陥りやすいアイシングクッキーの三大トラブル解決法

【アイシングクッキー経験者さん用人気記事】
・アイシングクッキー用のクッキーのお悩みナンバーワン!クッキーを平らに焼くにはどうしたらいいの?

【アイシングクッキーをお仕事にしたい方用人気記事】
・アイシングクッキーの販売先を見つけるための3つの方法

【現役アイシングクッキー講師さん用人気記事】
・アイシングクッキー講師のための3つのアイシング豆知識
・アイシングクッキー教室講師が「アイシングクッキー教室講師以外のお仕事を得る」3つの方法

 


食用色素の種類」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: アイシングの色の付け方 | シュガークラフト

  2. 大変ピンポイントの質問で恐縮です。食用色素の種類の欄に食用ペンというもののご紹介がありますが、どちらで販売しているかをご教示お願いできますか?
    よろしくお願いします。
    山下 博人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です