南米からやってきたとっても華やかなケーキ「ゼリーフラワー」

アイシングクッキー担当・コルネです!

アイシングクッキー担当のはずですが、いろんなケーキデコレーションにも興味があるワタシ。。。

今回は脱線して「ゼリーフラワー」をご紹介しちゃまーす!

最近はシュガークラフト教室などでレッスンをしていたりしますので、見かけたり作ったりしたことがある人もいるんじゃないかなーと思います。

発祥は南米のチリ、、かペルーあたり!南米らしく明るくて派手な楽しいケーキですよ。

ゼリーフラワー

これがゼリーフラワー。

これくらいの透明な容器に透明なゼリーを冷やし固めて、そこに色をつけたゼリーでお花を作っていきます。

ゼリーフラワー

コルネが通った教室で、レッスンで作ったはこのくらいのサイズでした。

 


 

ゼリーフラワー百合

これは百合ですね。

コルネもレッスンで百合のゼリーフラワーを作ったことありますが、かなり集中力が必要でしたー。

 


 

ゼリーフラワーツール

専用のツールは日本でも手に入ります★。

 


 

ゼリーフラワー作り方

こんな感じでゼリーにツールを刺して、そこにスポイトを使って色のついたゼリー液を流し込んで作るんですよ。

とは言え、それじゃ分からないと思いますので、こちらの動画★を見て下さいね。

とっても面白そうでしょ?

でも、作り方は簡単なのですが、花びらの重ね方とか角度とか、美しくお花を咲かせるにはやっぱり熟練のテクニックが必要です。

 


 

では、ゼリーフラワーの豪華なケーキをご紹介。

ゼリーフラワー z

 

南米の結婚式などでは、ゼリーフラワーのこんな豪華で大きなケーキが使われるそうです。

ゼリーの下にはスポンジケーキが入っていますよ。

 


 

ゼリーフラワー

ゼリーフラワー

 

南米のウエディングパーティーは大勢の人がお祝いに訪れるそうなので、ケーキもビーックサイズ!

30センチ以上あるゼリーフラワーケーキが当たり前なんだそうです。

 


 

ゼリーフラワー

 

わーお!達人になると、お花以外の柄も作れちゃうんですね。

これをカットして食べちゃうなんてもったいない感じがしますね!!

ゼリーは細工をするくらいなのでちょっぴり硬め。

味もしっかり甘いゼリーです。

 


 

ゼリーフラワーのゼラチンのレシピは、なーんとクックパッド★にも載っています!

普通に手に入る材料で作れますので、ツールが手にはいれば試してみたいですね。

このレシピではレモン汁が使われていますが、フルーツ缶詰の汁などでも出来ると思います。

 

シュガークラフトやアイシングクッキーも楽しいですが、たまにはこーんなケーキデコレーションもいかがですか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です