ロイヤルアイシングとは?「粉糖と卵白」で作ったアイシングのことをさします

アイシングクッキーで使う「アイシング」。

一言でアイシングと言ってもいろいろな種類があるのをご存じですか?

「粉糖」を何かと混ぜてクリーム状にしたものをすべて「アイシング」と呼びます。

例えば、粉糖と水、粉糖とレモン汁、粉糖とミルク、全てが「アイシング」です。

その中で、粉糖と「卵白」で作られるのがアイシングクッキーに使われるアイシングで、正式な名前を「ロイヤルアイシング」と呼びます。

ロイヤルアイシング

 

では、ロイヤルアイシングの特徴をご紹介しましょう。

(1)粉糖と卵白を混ぜて作る

(2)卵白は「生卵白」、「乾燥卵白」のどちらでも可

(3)自然乾燥・常温で乾く

(4)乾くと完全に硬くなる

(5)乾くと白く不透明になる

 

ロイヤルアイシング

出典 COTTA


前述した「卵白を使わないアイシング」は、ロイヤルアイシングのように、すべてが完全に乾いたり、不透明に白くなるとは限りません。

 

例えばカップケーキやパンの上に白いアイシングがタラ~っとかかっているものがありますが、あれは食べると少ししっとりしてシャリシャリしていて、アイシングクッキーのアイシングのようにカチカチに固まってはいませんよね?

 

グラスアイシング

出典はこちらから★

あれは粉糖と水、またはレモン汁などを混ぜて作ったアイシング(グラスと呼ぶ場合もあります)で、乗せているものがケーキやパンと言うこともあり、アイシングクッキーのロイヤルアイシングのようにカチカチに乾くことはありませんし、乾かない方が美味しく食べられるものです。

また、乾いたときに真っ白な不透明にはならず、半透明な状態であるのも特徴です。

 

時々、サイトやお店でもロイヤルアイシング以外のアイシングで作ったアイシングクッキーも見かけますが、その場合、少し半透明な仕上がりだったり、食べるとアイシングがシャリシャリしているはずですので、ロイヤルアイシングを使ったアイシングクッキーとは、見た目も食感も違うと言えます。

 


では、ロイヤルアイシングはなぜしっかり固まるのでしょうか?

それは生卵の「卵白」を使うからですね。

生卵

 

すっごく簡単に言うと、卵を割って卵白を放置しておいても、水のように蒸発してなくなったりしませんよね?

水分がなくなると収縮して硬くなります。

その卵白に粉糖を入れて撹拌することにより、卵白でできた気泡(タンパク質の薄い膜)を粉糖でコーティングしている状態なのが「ロイヤルアイシング」ですので、水分が抜けて乾燥するとしっかり硬くなるわけです。

 

その性質を使って、アイシングクッキーやシュガークラフトのケーキのデコレーションなどに、ロイヤルアイシングが活用されています。

 


生の卵白1個で200g以上のロイヤルアイシングが作れます。

それだけあれば小さなアイシングクッキーなら何十枚も作れますので、ロイヤルアイシングは身近な生卵白をそのまま使えて、値段も安いので、とても良いコストパフォーマンスとも言えますね。

 

アイシングクッキー

出典はこちらから★

 

ちなみに、生の卵白には「冷凍卵白」と言う製菓材料があります。

冷凍卵白

出典 TFOODS.COM

 

「えー、卵白を売っているの?卵白なんて買わなくても卵を買えばいいのにね。」

・・なーーんて思われました?^^

 

でも、これは「殺菌された卵白」なのです。

ケーキ屋さんで生卵白を使うムースなどの商品には、とても衛生的ですね。

 

その他、一般の家庭でもお菓子作りをする人は、シフォンケーキやマカロンをたくさん作ると卵黄ばかりが余ってしまう!・・なーんて人もいるんです。

もちろん、アイシングクッキーのための生卵白を使ったロイヤルアイシングや、シュガークラフトのシュガーペーストを作る人も同じですね。

残った卵黄だけって、意外にお料理で使い切るのが難しいものなんですよ。

そんな人には冷凍卵白は強い味方なのです。

 

必要な分だけカットしてから解凍すると生卵白に戻ります。

あとは普通の生卵白と同様に使いましょう。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です