シュガークラフトの道具「ダミーケーキ」

dammyダミーケーキとは、ケーキ形のスチロールです。

シュガークラフトのケーキは必ずしも食べるために作るとは限りません。

観賞用として、またコンテストに出す為の作品として、そして教室でレッスンする際は、衛生面や作業性などの都合により殆どの場合にダミーケーキを使います。

シュガークラフトのケーキを作る時、まずは中身をダミーケーキにするか、本物のケーキにするかを選択します。

そこが普通のケーキと違いところです。

作り方は殆ど代わりませんが、ダミーケーキの場合、表面に水などを塗って直接シュガーペーストを被せてカバーリングしますが、ケーキの場合は、アプリコットジャムを塗ったり、マジパンでカバーしたりと、シュガーペーストの前に別の作業があります。

それ以外は、ダミーケーキもケーキも殆ど作り方は同じです。

 

専門店やネットショップで購入できます。

サイズは直径が3センチ単位。(日本のケーキの単位=号で表示されている場合もありますが、その場合も3センチ単位です)

高さはショップによって違いますが、5~10センチ程度が中心です。

直径や高さを変えたい時は、ショップによっては対応してくれます。可能かどうか問い合わせしてまず確かめ、可能な場合は見積もりを取って価格も確認しましょう。たいていの場合は、サイズの変更をすると値段は高くなるようです。

 

ダミーケーキは本物のケーキにより近づける為に、ケーキの上の角を丸くすることが多いです。

もし、角が落としていないダミーケーキを購入した場合、紙やすりなどを使って自分で削ることもできます。

hdc

 

形は丸のほか、四角、長方形、雲型、ハート、オーバルなど様々あります。

 

ちなみに、ダミーケーキはシュガークラフトの他、コンテストやウエディングなどでは、バタークリームのケーキなどの土台としても使われます。

ケーキドラムなどとサイズや形状を合わせて使用します。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です