シュガークラフトの道具 海外メーカー紹介「CEL Cakes」

Cel Cakes&Cel Craftsはイギリスのメーカーで、日本でも使用している人が多い人気のメーカーです。

シュガークラフト作家としても有名な、マーガレット・フォードさんの会社です。

ホームページは★こちら

Cupcakes-Bannercel

CELの製品で愛用者が多いのは、まず製作の為の道具=ボードやロールケーキなど、ではないでしょうか?

beginners-150x150  celboards-150x150 sticks-150x150 formers1-150x150

片面が濃いオレンジのつるつるした面になっているCELのパッドは、使いやすくて良いですし、片面にワイヤーを通すためのスリットが入っているボード、作ったお花が崩れないようにガードする為の発泡スチロールのフォーマーなど、作り方に関係するオリジナルな商品が多いのが特徴です。

特にオリジナルなものは、このサイズを測るサイズガイドです。

size-300x300

 

これにシュガーペーストのボールをのせてサイズを測れば、例えば同じ大きさのお花をたくさんつくりたい時にサイズをあわせることが出来ますし、レッスンの時などにも、サイズを揃えるのに便利です。

日本のニコラス・ロッジさんのレッスンに参加した時に、コレを使って便利でした。

 

他に特徴的な型として、プラスチック製のモールドにいろいろな模様の溝を作ってあるもがあります。

lattice2-300x300 こんな感じ。

ここにシュガーペーストを乗せて押し付けて、パレットナイフなどで上の余分なペーストを除去すれば、キレイな模様が出来る訳です。

それを柔らかいうちに形を作って接着したり、そのまま乾かして硬くなった物をデコレーションに使ったり、使い方は様々出来ます。

CSOutlines-300x264 レース模様や、

DecorBox1-300x300 もうちょっと立体的なモチーフ。

teddiesbox-300x300 ベアなど可愛いものもあります。

cupcakes3-300x300

こんなに可愛いカップケーキも、モルドで作ったモチーフを使えば、誰でも簡単に出来ちゃうんですよ。

この型を使うのに気をつけたいことは、模様が細かいものになると少しペーストが抜けにくいことがある、、と言うことです。

型にしっかりコーンスターチをふったり、、と、そう言う場合は少し工夫が必要です。

 

シリコンモルドもあります。

ペーストを押し付けて抜くだけで、かなりの完成度のモチーフが出来上がります。

FirstFairies300 ckbeadmix-150x150

 

他にもメタルの型など珍しいものもあります。

小さな型はとても繊細で作れる職人さんも少ないので、小ささの割には高額なことが多いです。

Micro-Blossom-150x150

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です