シュガークラフトのお花を作る時便利な道具「フラワースタンド」

シュガークラフトで欠かせないものに、シュガーペーストで作るお花があります。

シュガーフラワーとも言われますが、材料はシュガーペースト。

粘土のようにこねて伸ばして、型で抜いて、、、といろいろな工程を経て完成します。

ウエディングケーキ

こんな素敵なウエディングケーキにも欠かせないのがシュガーフラワーです。

そのシュガーフラワーを作る時に便利なグッズを、これから何回かに分けてご紹介しようと思います。

まずご紹介するのは、作ったシュガーフラワーを乾燥させたり、成形したりする時に便利なグッズ「フラワースタンド」。

フラワースタンド

これはプラスティック製の台に、大きさの異なる穴が開いていて、シュガーフラワーを刺して安定させて使います。

フラワースタンド

上から見るとこんな穴があいています。

大小の穴はシュガーフラワーの大きさに合せて使い分け、穴にシュガーフラワーのワイヤーを通して使います。

左側に見える細いスリットは、花が乾く前に開き過ぎないように、ワイヤーを引っ掛けて吊るして乾かす為に使います。

 

c29bd21a01d2c212072598e2c02fe159

 

こんな感じでつかいます。

シュガークラフト教室でも使われていることが多い道具です。

 

メーカーはイギリスのオーチャード社。

お値段はネットで検索すると本当に様々。

正規品でも、ウィッチクラフトの3,132円から、お菓子の森の5,200円までありました。

Amazonにはノーブランドの同様製品ナント700円というそっくりな商品もありましたが、このノーブランドはいわゆる自己責任でご購入ください・・のタイプです。

また、フラワースタンドは折りたたみ式になっていますので、収納や持ち運びには便利ですが、正規品でも若干壊れやすいと思います。

折りたたみの際の取り扱いは、丁寧にしてくださいね。

 

お花を乾かす便利グッズをもう一つオマケでご紹介。

フラワードライスタンド

 

写真、小さくてごめんなさい!

吊るして乾かす専用の、「フラワードライイングスタンド」です。

こちらもオーチャードで、1296円。

先ほどのフラワースタンドの左のスリットで吊るして乾かす、、と書きましたが、上の写真を見るとそれもイメージできるかなと思います。

大量に吊るして乾かしたい時などに便利です。

images (1)

せっかく頑張って作ったシュガーフラワー。

でも、シュガーペーストは乾くまでに時間がかかりますので、丁寧に花びらを薄く作れば作るほど、乾くまでの間に形が崩れてしまった!・・ってことが起こります。

そんな悲しい事件が起こらないように、こういった専用の便利なグッズを活用するのも良いですね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です