シュガークラフトとマジパン細工の違いは?

今日のテーマは、

シュガークラフトとマジパン細工の違いについて

 

そもそも、一般的には

 

「シュガーペースト・・・、お砂糖のクラフトってことかな?」

 

「マジパン??それってどんなパン??」

 

・・と言う感じですよね。

 

 

どちらも、

「洋菓子のデコレーションの技術」の名前です。

 

使う材料と技術が違うとはいえ、かなり近くもあるので、そのこと自体を知らない人はもちろん、洋菓子業界の人にも混同されたり、勘違いされたりしていることが多いものなんです。

 

ケーキ屋さんが人形細工をするとしたら、使うのはほとんどの場合マジパンになりますし、製菓学校で教える細工もまずはマジパンからですし、お菓子を作る材料としてもマジパンを使います。

ですから、ケーキ屋さんにとっては、シュガーペーストよりマジパンの方が圧倒的に馴染みがありますし、

「人形細工=マジパン」と言うイメージがついているようです。

 

ですから、ケーキ屋さんがシュガーペーストで作ったお人形を見て、「マジパンだね~」と言うことも珍しくはないですし、区別がつかない人も多いと思います。

 

ケーキ屋さんは「食べるお菓子」を作るお仕事ですから、

「飾るお菓子」を作るシュガークラフトは、まったく違う分野とも言えますので、シュガークラフト知らなくても当たり前~なんですよね。

 

 

そこで、今日は、ケーキ屋さんもよくわからない(かもしれない)

 

シュガークラフトとマジパンの違い

 

・・について、ざっくりですが説明しまーす。

 

 

材料の違い

 

<シュガークラフト>

「シュガーペースト」と「アイシング」

 

「シュガーペースト」とは、粉糖と卵白と増粘剤で作ったお砂糖のペーストのこと。

 

シュガーペーストは「食べる」と言うよりも、「装飾する」ことが第一の目的です。

 

もちろん食べることはできますが、”お砂糖味”です。

 

 

「アイシング」は、アイシングクッキーでお馴染みですが、材料は粉糖と卵白です。

 

甘いのですが、それほどしつこくはなく食感は乾くとサクサクしています。

アイシングの作り方記事はこちら★

 

 

 

<マジパン細工>「マジパン」

「マジパン」とは、粉砕したアーモンドと砂糖を練ってペースト状にしたものです。

 

出典:楽天

 

マジパンはアーモンドと粉糖の配合により「ローマジパン」というものもあります。

 

細工専用ではなく、例えばシュトレーンなどの焼き菓子の材料としても使われます。

アーモンドがたくさん入っていますので、美味しいお菓子になります。

 

 

細工の違い

<シュガークラフト>

 

・シュガーペーストは1ミリ以下まで薄くできるので、花弁やドレスのドレープまで繊細な細工を得意とする。

 

・ペーストの色が白なので、発色が良く色付けが自在。

 

・自然乾燥で乾くが、乾燥後は非常に衝撃に弱く壊れやすい。

 

・食べられるがかなり固い

また、細工のために中にワイヤーやスチロールが入っている場合があり、その時は食べられない。

 

 

<マジパン細工>

出典:写真AC

 

・マジパンはシュガーペーストほど極端に薄くはできない。 シンプルな細工に向く。

 

・ペーストにアーモンドの色が薄く付いているので、色は少しくすむ。

 

・自然乾燥で乾く。シュガーペーストよりは壊れにくい。

 

・食べられる、甘さは強いがアーモンドなので風味がある

 

 

マジパン細工は、写真のようなお人形をバースディケーキの飾りで見たことがあるかもしれませんね。

 

 

他にも特徴や差を説明するといろーいろありますが、ここではざっくりと違いを分かっていただけたらな~と思います。

 

お役に立てば嬉しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です