イギリスのケーキの定番、ビクトリアスポンジ

日本ではあまり馴染みのないビクトリアスポンジですが、イギリスでスポンジケーキといえばビクトリアスポンジです。

アフタヌーンティーでも入ってることのある、このケーキ。

間にラズベリージャムが挟んであるのが一般的です。

ビクトリアスポンジ2

 

 

 

ビクトリアスポンジとは?

ビクトリアスポンジ(ビクトリアサンド)という名前は、ビクトリア女王がアフタヌーンティーの際に好んで食べていたことからこの名前が付けられました。伝統的なビクトリアスポンジケーキは、2枚のスポンジの間にラズベリージャムとバニラクリーム(バタークリーム)を挟んだものです。近年ではケーキの上にアイシングでデコレーションをしたりイチゴを挟んだりしますが、もともとはアイシングなどのデコレーションはされていないシンプルなお菓子でした。

ビクトリアケーキ1

 

伝統的な作り方

まず、砂糖とバター(有塩)をクリーム状になるまで混ぜ、溶き卵を入れて更によく混ぜます。小麦粉と膨らまし粉(ベーキングパウダー)を入れて切るように混ぜ、オーブンで焼き上げます。しかし、現代ではこれらの材料すべてを電動ミキサーで一度に混ぜてしまいます。伝統的な方法も現代の方法も、どちらもとても簡単な為、子供達や急いでいる時にとても便利なお菓子です。
このシンプルなスポンジケーキは、カップケーキやチョコレートケーキ、クリスマスに食べられるプディング(日本のプリンとは別物です)と多様化されています。
日本ではパウンドケーキが知られていますが、パウンドケーキと作り方は同じですね。

このスポンジケーキは、温度や時間に敏感なケーキともいわれており、オーブンの製造会社もこのビクトリアスポンジを焼いてオーブンの調整をおこなうこともあります。

 

 

 

おまけ ≪パンダンケーキとは?≫

多民族国家のイギリス(ロンドン)では、中華街へ行くとパンダンケーキもよく見かけました。東南アジア原産のパンダンリーフを使ったケーキです。パンダンリーフとは、バニラのような甘い香りがするハーブです。シンガポールでもパンダンケーキは有名なので、機会があったら是非食べてみてください!

パンダンケーキ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です