アルコール(エタノール)揮散剤って何?

アルコール揮散剤は、食品包装容器内でエタノールを揮散させて、お菓子のカビ発生を防ぐ品質保持剤です。

商品名「アルベール」など。

alveilimage

主成分は、シリカ成分を含む無機物の吸着剤とエタノールです。

(財)日本食品分析センターの急性毒物試験により、安全性が確認されています。

【特徴】

・カビの発生を抑える。

・しっとりとした食感を守る。

・アルコール臭が少しある。

・酸化防止効果はない。

 

【使用の注意】

・エタノールを通しにくい袋を選択すること。(OPP/PE、OPP/CPP、KNY/PE、OPP、KOP/PEなど)

・水分活性値が0.95より高い場合には、充分な効果はでない。

・酵母および乳酸菌には、充分な効果はない。

・火気のそばで作業、放置しないこと。

・電子レンジにかけない。

・炭酸ガスとの併用は避ける。

・開封後の作業時間は目安として1時間以内。残りは脱気密封して冷暗所に保管。

・必要以上に外に出さない。なるべく早く使い切る。

・作業中は、換気をする。

・保存期間は、未開封・常温冷暗所で6ヶ月以内。

 

【サイズ選定方式】

1,お菓子の水分活性値(Aw値)を測定します。

2,お菓子の重量を測定します。

3,アルベールの必要グラム数を計算します。

アルベール使用量=100g当たりのアルベール必要量(アルベール係数)☓お菓子の重さ÷100

graph

*同じ水分活性値であっても、温度、作業環境、包材などにより効果が異なることがあるので、必ず実装テストを行うことが必要です。

お菓子の水分活性値は、メーカーやもよりの公的機関でも測定してもらえます。


 

 

アルベールの大きな特徴は、中のお菓子をふんわり包むことが出来る、という点です。

例えば、シュガーケーキに鮮度保持剤を使う場合、ふんわり包まなければ中身が壊れてしまいますので、この点には注意しましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です