アイシングクッキー・シュガークラフト用「コルネ」の作り方

アイシングクッキーやシュガークラフトのアイシングを絞る際に欠かせない「コルネ」

線を引いたり、細かいところに柔らかいアイシングを流したり、使い途は色々です。

基本的に三角形の紙やOPシートを自分で丸めて作りますが、上手に作るのにはコツがいりますね。素材もいろいろです。

作り方とちょっとした注意事項をご紹介します。

110718_0928

 

まず、

作り方については、言葉で説明するのはとても難しので、わかりやすい図や動画のあるサイトをご紹介するこちにします。

ko1

クオカさんのサイト★ クッキングペーパーを自分でカットして作るやり方です。

クッキパッド★ でもいろいろ紹介されていますよ。家庭で手に入るもので、簡単な作り方が多いですね。

おなじみCOTTAさんの動画、AとBがあるようです。

コルネ A 広い面積用

コルネ B 細かい作業用

旭化成の「お菓子作りに役立つ小ワザ集」 ★ というサイトには、ストックバックやクックパーを使った絞り袋の紹介がありました。こちらもあるもので出来て良いですね。

 

使う素材は、オーブンシートなどの紙製かOPシートです。

ko7

どちらにしても気をつけていただきたいのは、

アイシングクッキーに使用する場合は、食品なので、「食用に耐える品質の素材」を選んでください!ということです。

 

サイトにはご家庭でのアイデアとして、100均のラッピングの透明なシートをカットして使っているものもありましたが、それは食品を入れるものとして作られてものではありませんので、衛生面で問題があります。

また、「パーチメントペーパー」という紙ですが、

これは硫酸紙にシリコンコーティングした紙で、サンドイッチをつつんだりする食品対応の紙です。日本で言うオーブンペーパーのようなものですね。とても丈夫なので、私はクッキーを焼く時に、何回も使いまわしています。

丈夫なのでコルネにピッタリです。

ただ、同じパーチメントペーパーでも、「パーチメントクラフト」という、白い紙にレースのように美しい模様を描くクラフト用の紙もあります。白い丈夫なトレーシングペーパーのような紙です。

多分こちらは食品対応ではないと思われますので、しっかり調べてから使いましょう。

もちろん、食用ではない観賞用のシュガークラフトの作品の製作の時に使用するのは問題ありません。私は口金を付けて使いますが、とても使いやすいコルネになります。

pa

 

食品対応かどうかは、おうちで楽しむ分には(自己責任で)問題はないかと思いますが、

衛生面を気にする人や、販売する目的の人は絶対に使わないでくださいね。

ko5

アイシングクッキーが流行っているせいか、専用のOPをカットしてくれる業者さんを見つけました。

OPP袋のワークアップさんです。★

15☓15㎝で100枚からカットしてくれるようです。

便利になりましたね~。たくさん使う方、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です