アイシングの作り方(1)生卵白を使う

アイシングクッキーに使うアイシングの作り方をご紹介します。ロイヤルアイシングともいいます。

本によっては「アイシングクリーム」と表現している場合もあるようですが、全て同じものを指します。

まずは、一番馴染みのある材料=「生卵白」を使うアイシングから。

粉砂糖と卵白を混ぜて作ります。

ダウンロード

<材料>

粉砂糖  200g

卵白 大さじ 11/2*約30g

レモン汁 小さじ1

<作り方>

1, 粉砂糖はふるっておく。かたさ調節用に少し取り分けておく。

2, 卵白に粉砂糖を少しずつ加えて混ぜ合わせる

3, クリーム状になったら、レモン汁を少しずつ加えて混ぜ合わせる。

4、 柔らかいようなら取り分けておいた粉砂糖をたす。

tug

使用する道具は、混ぜるためのスプーンやナイフ、フォークなど。容器は金気がでないように、ガラスやプラスチィックのボウルなどを使用すると良い。

粉糖が500gくらいになると手で混ぜるのは大変なので、ハンドミキサーなどを使用すると良い。

出来上がったら、表面がすぐに乾燥するため、クッキーを作るなど作業中はぬれ布巾などをかけて保存。

長時間保存する場合は、ラップをアイシング表面にくっつけて密着させ、その上に濡れたキッチンペーパーなどを置いてからフタをして保存する。

保存は1週間前後ですが、季節や室温によっても変わりますので、ご自分で判断してくださいね。

保存期間については、いろいろな本をチェックしましたが、「冷暗所の室温」、、、??という、判断しがたい表現もあり難しかったです。

夏季は冷蔵庫保存が良いのではと思います。

どちらにしても、必要な量を作って早めに使い切りましょう。

レモン汁はアイシングの乾燥時間を短くするために加えます。クリームタータや酢でも同じ効果があります。

宜しければ、「ロイヤルアイシングとは?「粉糖と卵白」で作ったアイシングのことをさします。」もお読みください。
 

 

【アイシングクッキー初心者さん用人気記事】
・アイシングクッキー初心者さんにオススメ!アイシングクッキーを作るための3つの便利グッズ
・初心者さんが陥りやすいアイシングクッキーの三大トラブル解決法

【アイシングクッキー経験者さん用人気記事】
・アイシングクッキー用のクッキーのお悩みナンバーワン!クッキーを平らに焼くにはどうしたらいいの?

【アイシングクッキーをお仕事にしたい方用人気記事】
・アイシングクッキーの販売先を見つけるための3つの方法

【現役アイシングクッキー講師さん用人気記事】
・アイシングクッキー講師のための3つのアイシング豆知識
・アイシングクッキー教室講師が「アイシングクッキー教室講師以外のお仕事を得る」3つの方法

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です