お砂糖の分類について

お砂糖は、サトウキビや砂糖大根のような原料から「糖汁」を絞り、清浄、濃縮、分離など様々な製造工程を経て作られます。

簡単な説明ですが、

濃縮した糖汁から作った、「白下」を遠心分離機にかけてショ糖の結晶を分離(結晶化)させて最初に出来るのが「一番糖」。

残りをまた濃縮と分離を繰り返して、「六番糖」までショ糖の結晶を分離させます。

「一番糖」が一番純度が高く、色も白くなります。

何番糖かによって、製造されるお砂糖の種類も決まります。

 

製造工程による分類は下記のとおりです。

 

【一番糖】 白双糖、中双糖、グラニュー糖 (白色)

【二~三番糖】 グラニュー糖、上白糖 (白色)

【三~四番糖】 中白糖  (薄褐色)

【五番糖】  三温糖  (黄褐色)

【六番糖】  再溶解して用いる糖 (褐色)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です