【シュガークラフト材料】シュガーペーストとは?

シュガーペーストとは、簡単に言えばお砂糖でできている粘土です。

主な材料は粉糖と卵白、それにゼラチンや水飴、ガムなどの「粘り成分(増粘剤)」を加えて粘土状にしています。

用途によって様々な種類があります。市販品もありますが、材料を揃えれば自分で作ることもあります。ペーストは、ブレントして使うことも可能です。

全て自然乾燥で乾燥します。いずれのペーストも湿気には弱いので、製作後はしっかりとした管理が必要です。


1、カバーリングペースト

ケーキをカバーするペーストです。

全体的に伸びやすく、ケーキをカバーするのに適しています。乾くとしっかり固まりますが、ケーキ入刀は可能です。(中身がケーキの場合。)

画像1: Wilton ロールフォンダン

WILTON社「ロールフォンダン」参考価格 1,404円(税込み)/680g、アメリカ製(*カバーリング以外に造形も可)

マッサ・ティチーノ トロピック 2.5Kg

「マッサ・ティチーノ トロピック」参考価格 5,400円(税込み)/2.5キロ(*カバーリング以外に造形も可)

 

Sweet Magic 「カバーペーストFondant」参考価格 540円(税込み)/454g


 

2,フラワーペースト(タイロースペースト」

お花など細かい細工のオーナメントを作るのに適しています。

ごく薄く伸ばすことが出来、繊細な表現にも対応します。乾くとしっかり硬くなります。

レシピは様々ですが、主に増粘剤として「タイロース」が入ります。

  

増粘剤は他に「トラガントガム」や「CMC7」などもあります。

3.混ぜるだけのペースト

<日新シュガーペースト>

粉末に対して10%の水を加えて練る。

香りが良く、白く仕上がる。表面が乾きやすいので、素早い作業が必要。練るだけなので少量から作れて便利。

<竹田製菓 シュガーペースト>

作り方は日新と同じ。日新よりも弾力が強い印象。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です